ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近このブログでは登場する機会の多いキハ110系です。

写真は郡山駅に停車中のキハ111ー102で、磐越東線で運用されています。

100番台車は、キハ110系としては初期の頃に製造されたグループで、基本番台車が回転リクライニングシートを装備して急行用として製造されたのに対して、100番台車は普通車用として設計され、セミクロスシート車となりました。

(クロスシートは混雑時を考慮して1+2の座席配置です。)

100番台の特徴は客用扉で、他路線でよく見かける200番台車が引き戸式であるのに対して、100番台ではプラグ式となっています。

磐越東線の列車は、現在は全て郡山総合車両センター郡山派出所所属のキハ110系により運用されています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。