ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


E129系は、E233系をベースとした車両で、短編成設備や耐寒耐雪設備などは、仙台地区に導入されたE721系を基本としています。

そのため、見た目はE721系の直流版といった印象を受けますが、車内のカラーや雰囲気はE233系やE531系に近いです。

今後4両編成もデビューしますが、3ドアのセミクロスシートということで、個人のには最新型の近郊型電車だなと勝手に思っています。

ところで、115系の置き換え用として、長野には211系、新潟にはE129系が導入されますが、残る高崎地区の115系の今後が気になってきます。

高崎地区にも、新潟同様に湘南カラーのE129系とかが導入されれば良いのですが、千葉ローカル地区や日光・宇都宮線の状況を考えると、おそらく首都圏の4ドア車のお古が転用されるのでしょうね。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。