ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


373系は静岡運転所に3両編成14本が配置され、現在は身延線の特急「富士川」や飯田線の特急「伊那路」での運用を中心に、合間使用の普通列車やホームライナー、臨時列車などで使用されています。

3両編成が基本で、単独又は併結により3両・6両・9両編成で運用されていますが、特急「富士川」「伊那路」では3両編成で運転されています。

飯田線では、6両編成の列車を収められる有効長のホームを持つ駅は、新城駅より西の区間のみで、373系にはドアカットをする機能がないため、事実上併結(6両編成)での運用ができず、多客時には臨時列車の増発で対応しているそうです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する