ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


写真は、貨物鉄道博物館に保存されている、ワフ21120です。

ワフ21000形は、1933年から1939年にかけて775両が製造された有蓋緩急車で、貨物室は2トン積みと小さく、鮮魚など混載に不適な小口貨物の輸送に使われていました、

ワフ21120は、1977年に西濃鉄道に譲渡され、社線内で使用されていましたが、2002年3月に貨物鉄道博物館に譲渡されました。

車体には
西濃鉄道のマークが残されています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する