ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


三岐鉄道101系は、1964年から1968年にかけて導入された、元西武鉄道の411系です。

701系列の増結用として製造された為2両編成となったのですが、701系列がカルダン駆動車だったにも関わらす、411系は吊り掛け駆動車として新製造された為、性能は他の従来からある旧性能車と同様でした。

その後、701系列の冷房化や制動装置の電磁直通ブレーキ(HSC化)に伴い、旧性能車である増結用411系を新性能化する必要が生じたため、1978年から411系の新性能化工事が実施されました。

新性能化工事では、車体や外観での変更点は少ない(客用扉がステンレス製無塗装のものに交換されるなどが実施)ものの、主要機器は一新され、701系列並みにカルダン駆動車となり、冷房装置も搭載し、401系となりました。

401系は、西武鉄道内では1990年以降順次新型車両に置き換えられることになりますが、1990年から1993年にかけて、このうち2両編成3本が三岐鉄道に譲渡され、101系となりました。

101系は、新性能車でありながら2両編成と短く、改造後の経年も浅いことから、三岐鉄道のような地方私鉄では使い勝手が良いのでしょう。

現在も3編成とも現在に活躍しています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する