ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


近鉄富田駅を出発した後も、しばらく運転席の後ろを陣取って、前面の展望を堪能しました。

三岐線では、旅客列車は近鉄富田駅が起点となっていますが、貨物列車はJR富田駅で接続し、この構内でJR貨物との受け渡しを行います。

因みに、JR側に引き渡しされた後の牽引機は、いまや全国でも貴重となりつつあるDD51であり、富田駅では 重連の三岐デキとDD51の夢の共演を見ることができます。

近鉄富田駅とJR富田駅は離れており、乗り入れる線もそれぞれ敷設されていますが、写真では、近鉄富田駅からの線とJR富田駅から伸びる貨物線は、この先の地点(三岐朝明信号所)で合流します。

三岐線は、正式にはJR富田駅から西藤原を結ぶ路線が本線で、近鉄富田駅とこの三岐朝明信号所の区間が近鉄連絡線という位置づけになります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する