ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


柏たなか駅-守谷駅間にある利根川橋梁を通過している写真ですが、つくばエクスプレスでは珍しく普通のバラストが散布されています。

正確には「弾性まくらぎバラスト軌道」といい、騒音・振動の抑制を図るため、路線変位の恐れがある土地盤区間の一部(みらい平-みどりの間)や隅田川・荒川・利根川のトラスト橋に使用されています。

因みに、つくばエクスプレスで最も良く使用されているのは「弾性まくらぎ直結軌道」と呼ばれる方式で、軌道総延長117キロのうち108.1キロがこの方式で作られています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。