ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秩父鉄道の武州原谷駅です。

ここは貨物駅なので、列車は止まりませんが、今回の秩父訪問の目的は貨物列車を撮ることでもあったので、どうしてもここに来たかったのです。

無謀にも一つ手前の和銅黒谷駅で下車して、そこから歩いてこの駅を目指したので、1時間ぐらい歩きました。

この駅は、秩父太平洋セメントの秩父工場に隣接し、叶山鉱山から採取された石灰石がここで貨車に積み込みされる様子を遠くから観察することができます。

かつてはかなりの取り扱いがあったと思われ、構内は広く側線も沢山あるのですが、今はほとんどガラガラの状態。

鶴見線の浜川崎駅構内を見て感じた寂しさをここでも感じました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。