ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JR貨物の浜川崎駅は、南武線支線や鶴見線の旅客駅よりも東側にあり、大きな貨物ヤードとなっています。

旅客列車(205系の3両編成)は、その一番南側端をトコトコ走って浜川崎ー扇町間を行き来するのですが、通常このヤードで停まっている車両は、扇町と熊谷方面で運用されるコークス用のホキ編成と、これに関係する電気機関車とディーゼル機関車が1両、あとたまに米タン列車乗り入れてくる程度。

写真は、電車の中からなんとか撮った、浜川崎付近の貨物ヤードですが、ご覧の通りの寂しい状況です。

ここでも、鶴見線の衰退と、日本の貨物輸送の主体が鉄道からトラック等に移り変わった現実を肌で感じることができます。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。