ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


高尾駅の構内で休む、長野色の211系です。

老朽化した115系の置き換え用として、長野への211系導入早く2013年3月に開始されました。

その後、E233系3000番台の導入などにより、捻出された211系が大量に長野に転出、2015年5月現在では、180両の配置となっています。

このうち、3両編成は幕張車両区及び高崎車両センターから移籍した3000番台(25本)と高崎車両センターから移籍した1000番台(11本)で、6両編成は東京総合車両センターから移籍した0番台(6本)と20番台(6本)です。

長野に集結しつつある211系。

今度、211系による中央線の旅も体験したいと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する