ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


足尾駅構内に保存されている、もう1両のタンク車、タキ29312です。

タキ29300形は、1976年に登場した濃硫酸専用の39t積みタンク車で、全部で62両が増備されました。

足尾線においても、銅を製錬する過程で発生する濃硫酸の輸送が活発に行われて、連日横浜港や京浜工業地帯に運ばれていたそうです。

タキ29312も、新製後ずっと足尾線で活躍してきた車両で、1989年の足尾線廃止後は小坂鉄道で使われていました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する