ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀戸駅から700mの地点にある亀戸水神駅に下り列車が停車しているところです。

亀戸線は、現在は東武鉄道の支線として地味な存在になっていますが、1904年に開業したときは、本線格の扱いを受けました。

この開業した際、東武鉄道は総武鉄道(現:JR東日本総武線)亀戸ー両国橋(現:両国)間の直通運転を開始し、亀戸線は両国橋ターミナルへのメインルートとしてその役目を果たしました。

しかしながら、1910年に総武鉄道への直通運転が廃止されると、一度は廃止され1908年以降貨物駅として再開されていた吾妻橋駅が浅草駅と改称され東武鉄道のターミナルとしての機能を有するようになり、以降亀戸線は支線として地味な存在となりました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。