ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


キューロク館で展示車両を見ている間、真岡駅での列車交換のシーンを撮ることができました。

SL列車の運転で有名な真岡鐵道線ですが、一般の列車は1時間に1本程度の間隔で運転されています。

一部、真岡-下館間や真岡-茂木間の区間列車もありますが、基本的には線内折り返しで運用です。

車両は、全てモオカ14形に統一されています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する