ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


SLキューロク館に保存されている、元国鉄車掌車のヨ8593です。

ヨ8000は、1974年から1979年の間に1170両が作られ、ヨ5000やヨ6000などともに全国で活躍しました。

昔は、貨物列車の最後尾には、必ずこんな車掌車が連結されていたものです。

しかしながら、1986年に貨物列車の車掌乗務が原則廃止され、使用しなくなった車掌車が大量に淘汰されました。

写真のヨ8593は、最近までジェーアール貨物・北陸ロジスティクスが氷見線伏木駅で保存していたもほですが、それがどのような経緯で真岡に移設されたのかは分かりません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する