ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


新小金井駅の改札口です。

ここには、まだ自動改札は導入されておらず、改札口には昔ながらの「銀の箱」が残っていました。

隣の武蔵境駅が近代的になってしまったのは対照的です。

なぜ、自動改札が導入されていないのか、理由は分かりません。

それとも、わざわざ自動改札にする必要性がないので、そのままにしているだけかもしれません。

多摩川線には、またこのような昔ながらの姿がいくつか残っているようてす。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
僕もこれがふしぎで、
お客様センターに聞いたところ、
「その件に関しては担当部署が異なるのでお応えできません」…。

じゃあなんのためにお客様センターがあるんだ!?という感じです。
2015/01/20(火) 19:22:02 | 匿名希望 | #o6PSqaY6[ 編集]
Re:
コメント、ありがとうございます。

こうした内容の質問では、お客様センターでは回答できないかもしれませんね。

私が子供の頃は、都会の改札口はほとんどがこのような感じで、駅員さんが忙しそうに切符にハサミを入れていました。

とても懐かしいです。
2015/01/22(木) 11:55:01 | もーもーさん | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する