ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


多摩川線の白糸台駅です。

車両基地もあるので、レイアウトの参考に所沢思い、途中下車しました。

駅は島式ホーム1面2線の構造となっていて、駅舎はその西南側にあり、駅舎とホームは構内踏切で繋がっているのですが、写真はその構内踏切からホーム側を撮ったものです。

白糸台駅は、1917年にこの路線が多摩鉄道として開業した際は北多磨という駅名で、この路線の終着駅だったそうです。

(その2年後に路線はここから常久:現在の競馬場前まで延長され、北多磨は中間駅となりました。)

駅名が白糸台駅に変わったのは2001年と意外と最近のことで、隣の多磨墓地前駅が多磨駅に変わったので、この駅が白糸台駅となったそうです。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する