ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


東京メトロ6000系です。

1968年から1990年と長期にわたって増備が続けられ、363両が製造され、その後16000系が登場するまでは廃車が発生することもなく、ずっとこの体勢で運用されていました。

16000系の登場後、6000系は250両にまで在籍車両数は減少しましたが、今もなお千代田線の主力として活躍を続けていますが、チョッパー制御車は消滅しています。

現在、16000系の増備はひと段落していて、特に大きな動きもありませんが、今後他路線への車両が終わった後は、何か動きがあるかも知れません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する