ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


後追いの写真ですが、小田急60000系です。

60000系の開発にあたっては、30000系をベースとしながらも、やはり地下鉄直通用のため、それなりに設計上の制約はあったようで、室内座席のシートピッチは30000系より17mm狭いものの、逆に足下空間は42mm広いようです。

ビジネス特急としてのコンセプトのため、収納式テーブルではA4ノート型パソコンも使用可能。

主要機器は通勤型の4000系に準じ、制御装置はIGBT素子2レベルのVVVFインバータ制御、台車はヨーダンパ装置を取り付けずに蛇行動制御や走行安定性の向上を図った、日本車輌製のボルスタレス台車が採用されています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する