ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


小田急30000系です。

1996年に登場した特急型で、箱根観光輸送をメインのした従来の特急とは異なり、途中駅の利用やビジネス客などをターゲットとした為、20m車体となり、前面展望構造や連接台車などこれまで受け継がれてきた「小田急ロマンスカー」の個性は、この30000系では採用されませんでした。

また、 前面デザインも平凡なものとなったことから鉄道フアンからの人気はイマイチで、小田急ロマンスカーとしては唯一ブルーリボン賞を受賞できませんでした。

但し、分割併合が可能で、車体の大型化による定員が大幅にアップしたこの車両は、小田急としては連接車の固定編成よりは使い勝手は良いはずで、その後の輸送力増強に大きく貢献しているようです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する