ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かつて沼尻鉄道(磐梯急行電鉄)の沼尻駅があった場所には、車両とともに駅舎が今も残っています。

当時の駅舎とは90度向きが変わっているそうですが、当時の様子を偲ぶことができます。

沼尻鉄道は、この先にあった硫黄鉱山から採掘した硫黄鉱石を磐越西線まで輸送するために建設されたとのことで、1914年に開業、その後は蒸気機関車やディーゼル機関車などが活躍しました。

晩年は、磐越急行電鉄という社名でしたが、電化はされずに1969年に廃止となりました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。