ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


塩川駅構内にあるセメントターミナル設備です。

かつてはこの駅にも貨物列車の発着があり、DD51の牽引するセメント列車がこの引き込み線にバックで入線していました。

セメント列車は、青海駅発送で、火・水・木曜日(2006年現在)に到着していたそうです。

セメントターミナル側には機回し設備がない為、朝方に新潟方面から来た貨物列車は、ここで列車交換のみを行い、会津若松駅で広田駅行きの車両と切り離されて留置されました。

その後、広田駅からの戻りの車両と連結されたあと、塩川駅の3番線ホームに到着し、上記の通り、推進運転で側線に入っていました。

DD51の停車している姿を一度見たかったですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する