ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


水上駅に到着する107系100番台です。

現在、上越線の普通列車は水上駅を境に運転系統が分割されていて、18切符などで乗り通すときは乗り換えが必要となります。

高崎側の普通列車は、高崎車両センター所属の湘南色の115系や107系100番台が使用され、1時間に1本程度運転されています。

新潟側(水上-越後中里間)の普通列車は、極端に運転本数が少なく、1日に5本~6本程度となっています。

この区間は、旅客列車より貨物列車の方が運転本数は多いようです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する