ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


651系、「スーバーひたち」ではなく、特急「草津」です。

まさかの転身で、従来使用されてきた185系を置き換える形で、今年3月のダイヤ改正から651系で運用されています。

特急「草津」は、現在は上野-万座・鹿沢口駅間で運転されています。

特急「草津」の前身は1960年に草津温向けとして上野-長野原(現:長野原草津口)間にで運用を開始した臨時準急列車です。

その後、定期列車になったり、急行になったりといろいろあったのですが、1985年に同じような区間て運転されていた特急「白根」を吸収する形て急行「草津」が特急に格上げされたのが、今に近い姿です。(当時は「新特急」という列車種別でした。)

185系時代は上野-水上間で運転されていた特急「水上」と上野-新前橋間で併結運転をしていましたが、現在は行われていません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する