ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野田線への8000系導入は1977年が最初で、4両編成の初期車が本線から転入しました。

当時の野田線は釣り掛けで18m級の3000系がメインで、非常に古い車両のイメージが強く、20mでバンタグラフも交差型、モーター音も釣り掛けとはことなり、当時私は「ついに新しい電車が野田線にも入ったな。」と注目したのを覚えています。

しかしながら、その後1983年に一度撤退し、本格的に導入されるようになったのは1989年以降のことです。

2004年には5000系を置き換え、以降野田線は2013年まで8000系のみで運用されました。

現在淘汰が行われている野田線の8000系ですが、新型60000系への置き換えは思ったよりも急ピッチで進んでいるようです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。