ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回から、東武野田線ネタです。

私は子供の頃は柏に住み、自宅から中学校へ通う際も野田線の踏切を渡っていたので、当時野田線は常磐線とともに自分の最も身近な鉄道でもありました。

当時の野田線の車両はクリーム一色で、たまに貨物列車も見かけました。

よく渡っていたのは柏~豊四季間の踏切でしたが、当時はこの区間は単線で、6両編成の電車がのんびりと走っていましたのを思い出します。

5000系が柏を出発するときの釣り掛け音が、懐かしいです。

そんな東武野田線も、当時を思い出させる車両は8000系のみですが、前面のデザインも外装も当時とは異なります。

路線名も2014年4月から「東武アーバンパークライン」という愛称がつけられ、古い車両や設備を更新して新しいイメージの路線に生まれ変わろうとしています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。