ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


会津若松から磐越西線で新津に向かいましたが、その時お世話になったのが、新潟色のキハ40系です。

会津若松から新津までの区間は、喜多方-新津間が非電化の為、一般の列車は新津運輸区のディーゼルカーで運用されています。

(会津若松ー喜多方間の区間列車や喜多方までの電車による乗り入れなどを除く
。)

ここでは、キハ40系の他にキハ110系やキハE120系なども使用されていますが、やはり国鉄世代の自分としては、キハ40系が一番馴染みがあってよいですね。

乗り心地で言えば、キハ110系の方が良いのかもしれませんが…

会津若松から新津までは、だいたい2時間40分ぐらいかかりましたが、退屈しませんでした。

のんびりできてよかったです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する