ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


都電荒川線は、学習院下から早稲田方面に走ると、途中で神田川を渡る高戸橋を通過します。

橋を通過すると急カーブがあって、線路は左に曲がり、その次の停留所である面影橋へと続きます。

この鉄橋を渡るまでは専用軌道で、こんなところをちっちゃな路面電車が走るのは、路面電車のイメージには合わないような気がします。

友人に勧められてここに来たのですが、「都電にもこんなところがあったんだなあ」と、新たな発見をしました。

ここは、荒川線の撮影ポイントとして結構有名なところだそうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。