ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


都電荒川線7000系は、元は1954年に登場し、93両(間違っていたら、すいません。)増備されてと都内のあちこちで活躍した車両でした。

東京都電の全廃止の予定から、27・32系統の存続が決まった際に、荒川車庫に31両が残り、同線の荒川線への改称、さらに1987年のワンマン化に向けて、残った車両全てが新造車体への更新工事が実施されました。

そんな7000系も老朽化が進み、2013年2月現在では19両の在籍となっていましたが、その後8800系による置き換えなどでかなり両数が減っているものと思われます。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。