ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


クリームとエンジのツートンカラー、荒川線の9001です。

外観は昔風のデザインで、前面窓は3枚窓、戸袋窓は丸窓となっていて、見かけ上のダブルルーフの中には集中式の冷房装置が隠されています。

内装もレトロ風に拘ったインテリアとなっていて、木目調がベースとなり、床はフローリングです。

照明は明るさを確保するため白色ですが間接式で、丸形の窓や真鍮製の手すり、緑色の地に模様を施された座席など、レトロの雰囲気が満載です。

多少わざとらしさも感じますが、室内はとても綺麗だし、夏は冷房も効いて快適だし、個人的にはお気に入りの車両です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する