ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


4月に長野遠征をしてしまった関係で、小遣いが底を突いてしまったため、5月の連休では、鉄活動(撮り鉄)は自宅付近で少しだけ行い、それ以外は自宅でレイアウトの制作に励んでいました。

写真は、地元を走る209系です。

113系がこの車両に置き換えられたときはかなり違和感がありましたが、もうすっかり慣れました。

房総の209系は、4ドアの通勤形車両ですが、先頭車はセミクロスシート仕様で、トイレもあります。

トイレは、先頭車に設置されるのが常ですが、車両重量の関係で209系では中間車に設置されています。

また、車体はJR世代としては今や貴重なストレートボディ。

基本編成は4両と6両があり、単独または併結によって最大10両編成で運用されています。

考えてみれば、JR東日本管内でこのような車両は他になく、ある意味貴重な存在かもしれません。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する