ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


現在、中央東線の優等列車「スーパーあずさ」・「あずさ」・「かいじ」で使用されるE351系・E257系は全て松本車両センターの所属となっています。

特急「あずさ」の歴史は結構古く、1966年に新宿ー松本間に2往復が登場したのがはじまりですが、そのときは田町電車区の181系が使用され、上越線特急「とき」と共通でした。

その後181系が新潟運転所→長野運転所に移管されたり、幕張電車区の183系0番台が運用されたりといろいろ変化がありましたが、1986年11月のダイヤ改正以降は、「あずさ」が急行格上げによって改正前の12往復から22往復半へ大幅に増えたこともあって、使用車両は松本運転所の所属となり、現在に至っています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する