ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


JR東日本の松本車両センターは、松本駅に隣接する大きな車両基地で、長野支社に属しています。

国鉄時代には、70系や80系などの旧国や165系・183系・189系・115系などが配置され、昔から中央本線や大糸線、篠ノ井線などの車両を管轄してきました。

私も含めた、国鉄時代からの ファンにとっては、長野鉄道管理局の松本運転所という名称の方か馴染みが深いのですが
、松本運転所は2002年に3月に乗務員部門が松本運輸区として分離したことを受けて松本電車区となり、さらに2004年に松本車両センターとして改称されました。

なお、まだ現存するものは全て長野総合車両センターに移管されているので、ここの配置はありません。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する