ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


上田電鉄を撮り終えた後は、そのまま上田で一泊し、翌朝はとりあえずしなの鉄道で長野方面に向かいました。

しなの鉄道線は、元JR東日本の信越本線の篠ノ井ー軽井沢間65.1Kmで、1997年の長野新幹線開業の際、廃止となった同区間をしなの鉄道が引き継いだものです。

その為、線路、駅の構内などは国鉄/JRのものをそのまま引き継いでいるため、これらの施設はとてもしっかりした作りで、良い意味でローカル私鉄らしくありません。

ホームは幅も広く、長さもかつて長編成の特急に対応していたときのままです。

走っている車両も115系で、最近は長野色のままの車両も走っているので、
ホームに立ったときはJRの駅にいるような錯覚を起こします。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する