ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


上田電鉄1000系の元となる東急1000系は、1988年に登場した車両で、軽量ステンレス車体やGTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ制御、回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ、ボルスタレス台車などを装備し、車歴もそれほど古くない車両です。

設備も最新とまでは行かないものの、上田電鉄としては地方ローカル私鉄としては極上の車両を導入できたことなり、他の地方私鉄からは羨ましがられているかも知れませんね。

なお、回生制御については、導入当初は変電所が対応していなかったため使用されず、空気制御のみを常用していたそうです。

このような立派な車両で運用されることは、利用者にとってはとてもありがたいことでしょうが、鉄道マニアにとっては、やはり昇圧以前時代の車両の方が、それぞれ個性もあって良かったように思います。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する