ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


下之郷駅に到着する、1000系1003編成です。

1003編成が運行を開始したのは2009年12月ですが、導入に際しては長野県出身の有名デザイナーが手掛けたラッピング電車、「自然と友だち2号」となりました。

「自然と友だち」は2編成ありますが、18種類の昆虫や動植物がシンボルとしてデザインされ、赤・黄色・青のドアの色は、それぞれ愛情・大地・環境を表しているそうです。

今回乗車した「自然と友たち2号」は黒を基調としたデザインとなっていますが、これより前に導入された「自然と友たち1号」では白を基調としたデザインとなっています。

今回は残念ながら、1号は見ることができませんでした。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する