ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バリエーションの多い50000系シリーズですが、本線系統(伊勢崎・日光線)で見かけるのは、すべて50050系のみです。

50000系シリーズは、形式や導入時期によって細かな違いはあるものの、鉄道フアン以外の一般利用者からみればほとんど同じ車両で、TJライナー用の50090系を除けば、その違いは分からないかと思います。

東武50070系は東上線から東京メトロ有楽町線・副都心線に乗り入れ、50050系は半蔵門線に乗り入れています。

有楽町線・副都心線も半蔵門線も同じような電車が走っているので紛らわしいですね。

例えば永田町で地下鉄に乗るとき、有楽町線に乗ろうとしたときに、誤って半蔵門線のホームに行ってしまったときに、やってきた列車が50050系であれば、そのまま乗ってしまうかも知れません。

まあ、案内表示器などもあるのであまりないとは思いますが、50050系は半蔵門直通専用なので、ラインカラーの紫を側面などの入れるなどの配慮も欲しいですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。