ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉄道ファンからは不運の車両として知られる、東武30000系てす。

この編成は、この日は浅草-北千住のローカル輸送に使用されていました。

30000系は、6両固定+4両固定のがそれぞれ15本製造され、1997年の登場以来ずっと伊勢崎・日光線系統で使用されてきましたが、2011年以降は一部が東上線に転属するようになり、2013年5月現在では、半数近くの10両固定編成として7本が転属しているようです。

伊勢崎・日光線系統に残る編成は、まだ一部で東京メトロ半蔵門線・田園都市線への直通運用はあるものの、6両固定・4両固定それぞれでのローカル運用がメインになっています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。