ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


いすみ200型の2連です。

いすみ鉄道開業時に7両が導入され、以来地道に活躍を続けてきた車両です。

老朽化による代替えが進み、同時期に製造した他社のLE-CarⅡシリーズの車両が老朽化により相次いで廃車となる中、いすみ鉄道のレールバスは、路線そのものが廃止かどうか議論されていたこともあり、ずっとそのまま運用されてきました。

その後、いすみ鉄道が存続することが決定したことから、2012年から新型車両を順次導入し、既存の7両を全て置き換えることとなりました。

いすみ200型の淘汰は進み、先月末の201号の引退により、2両を残すのみとなってしまいました。

今後、さらに300形が1両増備される予定で、このときに残る2両が引退することになります。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する