ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


東京メトロ16000系です。

2010年に登場し、とりあえず10両編成16本が導入され、千代田線で活躍しています。

この車両の大きな特徴の一つとしては、主電動機にPMSMも呼ばれる永久磁石同期電動機が使用されているのことがあります。

自分は勉強不足で最近の新技術の理解についていけてないのですが…

VVVFインバータ制御との組み合わせの中で、現在主流となっているのは「かご型3相交流誘導電動機」ですが、これに対してPMSMは、よりエネルギー損失が少なく省エネルギーで、騒音も少なく、メンテナンス時の分解も不要だそうです。

このPMSMは、東京メトロで積極的に採用されていて、丸ノ内線用02系の大規模改車やこの16000系の他、銀座線用新1000系でも使われているそうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する