ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


常磐緩行線のE233系2000番台です。

外観の様子が他のE233系とは異なるので非常に違和感があるのですが、これも中央快速線や京浜東北線などで活躍するE233系と同じ仲間です。

他路線のE233系と一番異なるところは車体の幅で、車両限界の狭い千代田線への乗り入れを考慮して、幅広ではなくかつての103系や205系にようなストレートとなっていますが、その寸法は209系などとは異なり東急5000系などと同じ台形断面車体となっています。

さらに、先頭部分には衝撃吸収構造は採用せず、貫通扉も設けられています。

また、客用扉の寸法も他のE233系(4,940mm)ではなく、私鉄車両での採用が多いサイズ(4,820mm)となっています。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。