ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引き続き、京成線で見かけた京急600形です。

地下鉄対応車両としては、日本では珍しく、また画期的であった、全座席クロスシートの600形も、その後の改造により、現在は扉間の座席は全てロングシートとなっています。

やはり、ラッシュ時の混雑緩和の問題もあり、首都圏ではオールクロスシートの列車の運用は難しいのでしょうか。

しかしながら、運転席の後ろや車端部には今でもクロスシートは残されていますので、長時間乗る場合にはこちらに座ると快適です。

ところで、この改造とは別に、2009年以降更新工事が順次実施されていますが、この更新工事では前面スカートの形状が変更され、ワイバーカバーに形式番号「600」が描かれるようになり、多少かっこ良くなりましたね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。