ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


2002年に登場した、相模鉄道の10000系です。

これまで相模鉄道は、直角カルダン駆動や電気直通ブレーキを近年まで採用するなど、車両技術の導入に対する独自の考えを持ち、近年まで他者とは異なる特殊な設備を持つ車両を導入してきました。

しかしながら、この10000系ではその考え方が180度転換され、最新の技術をより低コストで導入すべく、他の鉄道事業者で既に運行しているものと共通の車両をこととされました。

10000系は、JR東日本のE231系をベースに作られた車両で、前面のデザインなどをのぞけば、そのほとんどがE231系と共通となっています。



相模鉄道の11000系です。

今のところ、同鉄道の最新鋭車両です。

10000系が、JR東日本のE231系に準じた車両であったのに対して、こちらはE233系ベースの車両です。

2009年から20011年にかけて10両編成5本が導入されました。

写真の編成は、同鉄道のゆるキャラ「そうにゃん」を描いたラッピングを車体に貼り付け、「そうにゃんトレイン」として運用されています。

ところで、相模鉄道では8000系や9000系などでは、セミクロスシート車も連結していましたが、10000系・11000系では採用されず、オールロングシート仕様のなっています。

やはり、コストやはり混雑緩和の問題があるのでしょうか。


相模鉄道、7000系と11000系、新旧車両の並びです。

現在、相模鉄道の車両の増備などは一段落しているようですが、2018年度以降に予定されているJR線や東急線との直通運転に向け、新型車両の導入を計画しているそうです。

新型車両20000系(仮)については、ゼロベースでの開発で、従来導入されていた11000系とは全く異なり、特徴的な前面デザインになるそうです。

まだ、具体的な仕様や導入時期などは分かりませんが、これにより既存の7000系などは置き換えられる可能性も高いと思われます。


京成千葉線・ちはら線で運用中の3700形です。

千葉・ちはら線に乗り入れできるのは6両編成までで、3700形は8両編成ばかりでこの路線では見かけたないだろうと思っていたので、多少驚きました。

3700形は、8時編成15本(北総リース車含む)の他に、6両編成も2本在籍していました。

6両編成2本は、2000年に導入された
6次車で、このグループから3700形としてのマイナーチェンジ(前面のライトの形状を変更他)が実施されました。



千葉機関区に向かうEF210-118号機です。

蘇我駅まで貨物列車を牽引してきた機関区は切り離され、ここを通ってう内房線沿いにある千葉機関区まで回送され、パンタグラフを下ろして次の出番まで休みます。

千葉機関区には車両の配置はなく、ここは機関区の休憩所・待機所みたいな形で使われています。

首都圏や東海道筋、名古屋など、直流区間はどこに行ってもこの機関車ばかり見かけるので、少々退屈です。

このあと、EF65牽引の貨物列車が蘇我に到着予定なので、それまでここて待機です。


蘇我駅に発着する貨物列車を牽引する機関車は、そのほとんどがEF210となっていますが、まだ一部でEF65やEH200も乗り入れています。

貨物の時刻表で確認したところ、午前中EF65牽引の貨物列車が到着することになっていたので、これを狙って撮りました。

機関車は新鶴見機関区のEF65-2063でした。



蘇我駅でEF65を撮った後は、鹿島貨物を牽引するEF64を撮ろうと思い、総武本線の某駅(物井だったと思いますが)に移動しました。

EF64牽引の鹿島貨物は、鹿島スタジアムを12時51分に出発し、14時20分頃に千葉駅を通過するという情報は掴んでいましたが、自分のいる駅をいつ通過するか分からなかったので、13時半ぐらいからホームの先に立って、他の列車を撮りながら鹿島貨物を待ちました。

その間、何度も撮ったのが209系の写真です。

少し飽きたかな。


昼間の総武本線の中で、一番存在感のある優等列車といえば、E259系の成田エクスレスです。

京成スカイライナーに対抗し、2010年に導入されたE259系ですが、早いものですでに営業運転開始から6年が経過しています。

他サイトなどでの意見ネットの書き込みを見ると、259系の導入以降は空席が目立つとの意見も多いのですが、その理由が、成田エクスレスの利用客が減っているの為なのか、全ての編成を6両単位として輸送力を大幅にアップさせた為なのか、よく分かりませんが、逆にいえば、空席があればいつでも待たずに切符を買って乗れるということなので、利用者にとっては良いことです。

253系のときは、通常期であっても満席で指定席券が買えないこともたびたびあったという話しを聞いたことがあります。


ホームで待つ間、209系とともに良く見かけたのが217系です。

209系ベースというか、209系を基本に近郊型に発展させたのか217系。

しかしながら、4ドアを採用し、基本編成の11両中グレーン車と平車3両を除き、車内の座席をロングシートとしてしまった為、近郊型と通勤型の車両の区別が良く分からなくなってしまった車両です。

(JR東日本の車両では、E231系~E233系と続く中で、近郊型と通勤型の区別がなくなりました。)

その後、房総ローカル用に転用された209系は、通勤型にもかかわらず、6両編成・4両編成とも先頭車がセミクロスシートとなり、余計に区別が付けにくくなりました。


上り鹿島貨物ですが、この日はEF64−1021号機でした。

首都圏では、少し前まではあちこちで見ることのできたEF64ですが、2016年3月のダイヤ改正ではその運用は大幅に減り、関東でまともに撮れるのは鹿島貨物ぐらいになってしまいました。

先日、JRグループ2017年3月のダイヤ改正について、プレス発表があり、JR貨物でも需要に応じた各列車の見直しが行われるようですが、細かい機関車の運用の変更についての情報はまだ分か利ません。

改正後も、引き継ぎ鹿島貨物をEF64が担当するかどうか、気になります。