ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高尾駅に停車する、長野カラーの211系です。

高尾駅といえば、スカ色か長野色の115系がここで中央快速からの乗り換え客を待っているイメージがあったのですが、長野の115系のみならず、豊田車両センターの「スカ色」115系までもが長野車両センターの211系N編成に置き換えられ、もう115系の姿を見ることが できなくなってしまいました。

置き換えられたことはネットなどの情報で知っていましたが、今回久々に高尾駅を訪れ、全て211系に置き換えられている状況を見て、あらためてそのことを実感しました。

特に、長年に渡り中央東線ローカル輸送の顔として親しまれてきた「スカ色」の引退には、寂しさを感じますね。


スポンサーサイト


高尾駅の構内で休む、長野色の211系です。

老朽化した115系の置き換え用として、長野への211系導入早く2013年3月に開始されました。

その後、E233系3000番台の導入などにより、捻出された211系が大量に長野に転出、2015年5月現在では、180両の配置となっています。

このうち、3両編成は幕張車両区及び高崎車両センターから移籍した3000番台(25本)と高崎車両センターから移籍した1000番台(11本)で、6両編成は東京総合車両センターから移籍した0番台(6本)と20番台(6本)です。

長野に集結しつつある211系。

今度、211系による中央線の旅も体験したいと思います。


先日、久々に鶴見線を訪れました。

鶴見線は、貨物列車も風前の灯火で、旅客用の電車も「のっぺらぼう」の205系に統一された為、昔よりはあまり面白味がない路線になってしまいましたが、駅舎や線路・構内などの施設や設備では昔のまま(昭和の鶴見線が栄えた頃のまま)のものが多く残っていて、これらをいろいろ探索するのも面白いです。

写真は、扇町駅に到着し、折り返し出発を待つ205系3両編成です。

扇町駅を訪れる際は、日中は列車の運転本数は1~2時間に1本程度となる為、折り返しの列車に乗らないとかなり待たされることになるので要注意です。

駅は工業地帯の中にあるので、周辺は工場と若干の飲食店以外何もありません。


扇町駅の構内です。

扇町駅は、旅客駅としては1面1線の小さな無人駅ですが、JR貨物しては専用線発着車扱貨物の取扱駅となっていて、いまや貴重となった鶴見線での貨物輸送がここでは見られます。

今回ここに来た目的は、その貴重な貨物列車の入れ替え、受け渡しを撮ることです。

旅客駅のホームの脇には、線路が数本敷設されていますが、ここに貨物列車が到着します。

この写真は、貨物列車が到着する直前に撮ったものです。





扇町駅の先でカメラを構え、到着予定時間まで待っていましたが、ようやく列車が見えて来たところです。

今日の牽引機はJR貨物更新色のDE10でした。

この貨物列車は、以前は電気機関車に牽引されたまま直接扇町駅に乗り入れしていたそうですが、現在は鶴見線内ではDE10が牽引し、そのまま扇町の先での入替作業を行なっています。

安善の米タン列車と異なり、こちらは平日は毎日運転されていますので、撮影は容易です。


線路は、扇町駅の先にある三井埠頭の構内まで伸びていて、ここから先は専用線となります。

写真はその入口を撮ったもので、ここから先は立ち入ることができません。

この三井埠頭専用線は、扇町駅開業と同時に敷設され、かつては国内外の石炭、糖蜜、セメント、重油、コークスなどが扱われたそうですが、現在は秩父太平洋セメント向けのコークス輸送が細々と行われているに過ぎません。

この先、三井埠頭構内では、どんなスイッチャーか使用されているのか、非常に気になります。


三井埠頭専用線の入口に入線したDE10です。

DE10は、浜川崎に到着した、ホキの専用列車(返送)を牽引し、扇町駅到着後は機回しを行って推進運転で列車を三井埠頭構内に押し込みます。

専用線入口は複線になっていて、コークスを積んだホキの編成は、返送の列車が到着する前に構内入口まで出され状態になっています。

DE10は、このコークスを積んだホキの編成に付け替えられ、その後この編成を牽引して扇町駅を出発します。

この様子を見たら、急にNゲージのDE10が欲しくなりました。


扇町駅の構内で見かけた小屋、物置か倉庫ですね。

レイアウト製作の参考になるので、一応写真をとっておきます。

鶴見線には、こうした昭和を感じるストラクチャーが、結構残っています。




浜川崎駅で見かけた、廃車になった小さな車両。

ホームから見えるので、お気づきの方も多いと思います。

こんな状態の車両を見ると、現役のときはどのように使われていたのか、気になってしまいます。

入れ替え用のスイッチャーかなと思って調べてみたところ、富士重工製の「TMC200A」という軌道モーターカーでした。

かつては、全国のあちこちにあったそうですが、今でも近江鉄道などにも同型機(近江のはTMC200)が保存されているそうなので、機会があればそちらのほうも観て見たいの思います。



JR貨物の浜川崎駅は、南武線支線や鶴見線の旅客駅よりも東側にあり、大きな貨物ヤードとなっています。

旅客列車(205系の3両編成)は、その一番南側端をトコトコ走って浜川崎ー扇町間を行き来するのですが、通常このヤードで停まっている車両は、扇町と熊谷方面で運用されるコークス用のホキ編成と、これに関係する電気機関車とディーゼル機関車が1両、あとたまに米タン列車乗り入れてくる程度。

写真は、電車の中からなんとか撮った、浜川崎付近の貨物ヤードですが、ご覧の通りの寂しい状況です。

ここでも、鶴見線の衰退と、日本の貨物輸送の主体が鉄道からトラック等に移り変わった現実を肌で感じることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。