ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高尾駅に停車する、長野カラーの211系です。

高尾駅といえば、スカ色か長野色の115系がここで中央快速からの乗り換え客を待っているイメージがあったのですが、長野の115系のみならず、豊田車両センターの「スカ色」115系までもが長野車両センターの211系N編成に置き換えられ、もう115系の姿を見ることが できなくなってしまいました。

置き換えられたことはネットなどの情報で知っていましたが、今回久々に高尾駅を訪れ、全て211系に置き換えられている状況を見て、あらためてそのことを実感しました。

特に、長年に渡り中央東線ローカル輸送の顔として親しまれてきた「スカ色」の引退には、寂しさを感じますね。


スポンサーサイト


高尾駅の構内で休む、長野色の211系です。

老朽化した115系の置き換え用として、長野への211系導入早く2013年3月に開始されました。

その後、E233系3000番台の導入などにより、捻出された211系が大量に長野に転出、2015年5月現在では、180両の配置となっています。

このうち、3両編成は幕張車両区及び高崎車両センターから移籍した3000番台(25本)と高崎車両センターから移籍した1000番台(11本)で、6両編成は東京総合車両センターから移籍した0番台(6本)と20番台(6本)です。

長野に集結しつつある211系。

今度、211系による中央線の旅も体験したいと思います。


八王子駅で見かけた、HD300形です。

以前はここにDE10が配置されていて、いつか撮りたいと思っていたのですが、いつの間にかこの機関車に置き換わっていました。

2010年に試作機の901が登場、その後2012年に量産化が開始され、2015年3月1日現在、試作機を含む20両が各地で使用されています。

貨物の入れ替え用ということで、一般者が入れない貨物基地などに配置されるケースが多く、なかなか写真を撮れる車両ではありませんが、八王子の場合は駅構内で運用されているので、平日で貨物列車の時間に合わせれば、実際に動いているところの写真が撮れそうです。

平日の休みが取れた時に、一度撮りに来たいと思っています。


八王子のHD300形です。

HD300形は、純粋なディーゼル車ではなく、電気式ディーゼル機関車と蓄電池機関車の二つの要素を持った、全く新しいタイプの機関車で、形式の頭文字はハイブリッドの意味で「H」となっています。

機関車に搭載されたディーゼルエンジンは、直接駆動力には使用されず、発電機を回転させる発電用として使用されます。

そして、ディーゼル発電機と蓄電池からの電力を強調させてモーターを制御する形となりますが、これによりDE10の比べて排出ガスで30%から40%、騒音も10dB削減できるそうです。

現在増備中のHD300形ですが、やはりこれだけの機能を増備すると初期投資の費用も大きいため、首都圏など輸送密度の高い地域を中心に導入が行われています。


写真は、普通列車の折り返し運用のため、八王子駅構内に211系が入線している様子です。

中央東線の中距離列車は、高尾を起点として運用され(一部の列車は、立川・豊田・八王子発着)、甲府を経て塩尻、そして篠ノ井線の松本駅まで一体的に運用されています。

かつては、スカ色又は長野色の115系が、ローカル輸送を担当していましたが、最近では長野色の211系への置き換えが急速に進み、スカ色の115系は既に引退してしまっています。

211系は、ボックスシートにしろ、ロングシートにしろ、座席は適度な硬さで乗り心地はよく、個人的にお気に入りの電車です。

以前、鉄仲間と18切符を使って中央東線~篠ノ井線を長野まで走破したことがありましたが、そのときは115系でした。

今度は、あらためて211系で中央東線したいと思っています。


高尾駅構内の北側には留置線があります。(資料だと4線あるとのことですが、写真では5線あるような…)

中央本線や中央快速線の車両などここで留置されますが、臨時列車などで使用されるジョイフルトレインや疎開中の車両が留置されることもあるので、ここを通過するときは、一応何が休んでいるのかきにしています。

この日は、185系と211系が休んでいました。

余談ですが、185系は八王子発の「踊り子」用でしょうか、それとも中央線の臨時列車用、または団体用でしょうか?

最近、淘汰の進む185系は、定期運用から外れて、臨時・団体用に使われている編成もあり、その分首都圏のあちこちで見かけるようになりました。



高尾駅構内の北側の留置線ですが、その駅舎側端の部分端こうなっています。

Nゲージレイアウトの参考になればと思い、このような写真も一応撮っておきます。

車止めは、枕木を並べてレールの上面渡して固定する簡易的なもの(枕木式車止め)となっていますが、Nゲージでも、マッチ棒かバルサを切ったものをレールに貼って、バラストを囲うように撒けば、それなりに表現できそうですね。


先日、久々に鶴見線を訪れました。

鶴見線は、貨物列車も風前の灯火で、旅客用の電車も「のっぺらぼう」の205系に統一された為、昔よりはあまり面白味がない路線になってしまいましたが、駅舎や線路・構内などの施設や設備では昔のまま(昭和の鶴見線が栄えた頃のまま)のものが多く残っていて、これらをいろいろ探索するのも面白いです。

写真は、扇町駅に到着し、折り返し出発を待つ205系3両編成です。

扇町駅を訪れる際は、日中は列車の運転本数は1~2時間に1本程度となる為、折り返しの列車に乗らないとかなり待たされることになるので要注意です。

駅は工業地帯の中にあるので、周辺は工場と若干の飲食店以外何もありません。


扇町駅の構内です。

扇町駅は、旅客駅としては1面1線の小さな無人駅ですが、JR貨物しては専用線発着車扱貨物の取扱駅となっていて、いまや貴重となった鶴見線での貨物輸送がここでは見られます。

今回ここに来た目的は、その貴重な貨物列車の入れ替え、受け渡しを撮ることです。

旅客駅のホームの脇には、線路が数本敷設されていますが、ここに貨物列車が到着します。

この写真は、貨物列車が到着する直前に撮ったものです。





扇町駅の先でカメラを構え、到着予定時間まで待っていましたが、ようやく列車が見えて来たところです。

今日の牽引機はJR貨物更新色のDE10でした。

この貨物列車は、以前は電気機関車に牽引されたまま直接扇町駅に乗り入れしていたそうですが、現在は鶴見線内ではDE10が牽引し、そのまま扇町の先での入替作業を行なっています。

安善の米タン列車と異なり、こちらは平日は毎日運転されていますので、撮影は容易です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。