ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


現在、中央東線の優等列車「スーパーあずさ」・「あずさ」・「かいじ」で使用されるE351系・E257系は全て松本車両センターの所属となっています。

特急「あずさ」の歴史は結構古く、1966年に新宿ー松本間に2往復が登場したのがはじまりですが、そのときは田町電車区の181系が使用され、上越線特急「とき」と共通でした。

その後181系が新潟運転所→長野運転所に移管されたり、幕張電車区の183系0番台が運用されたりといろいろ変化がありましたが、1986年11月のダイヤ改正以降は、「あずさ」が急行格上げによって改正前の12往復から22往復半へ大幅に増えたこともあって、使用車両は松本運転所の所属となり、現在に至っています。


引き続き、松本車両センターネタです。

このあたりの構内の設備や雰囲気は昔からあんまり変わっておらず、写真真ん中の車庫も健在ですが、休んでいる車両は全く様変わりしています。

私にとっての中央東線は、旧国鉄色の183系1000番台や湘南色の165系、スカ色の115系のイメージが今も非常に強いです。

現在配置となっている主な車両はE351系・E257系の特急と、E127系。

湘南色のクモヤ143も1両いますが、お目にかかる機会がありません。

実際には115系や211系も多く見かけますが、これらは松本ではなく長野総合車両センターの所属です。



松本車両センターに並ぶ、E257系です。

E257系は、現在9 両編成16本(144両)と2両編成5本(10本)の計154両が在籍しています。

新車のイメージがありましたが、2001年登場なので、もうデビューして13年以上になりました。

2016年以降予定の新型特急車両導入ではE257系も置き換えの対象となっているようで、そうなると、この松本車両センターの様子も一変することになります。



長野遠征、最後は新型車両への置き換えが予定されているE351系「スーパーあずさ」で東京へ帰りました。

これが最初で最後のE351系乗車になるかもしれなかったので。

振り子式車両は、北海道の281系・283系に乗ったことがあり、そのときも
同様でしたが、車体の傾きを意識する場面はあまりなく、振り子式車両でよく言われる「乗り心地の悪さ」もほとんど感じませんでした。

車体の老朽化については、外観はそれ程でもなく、車内は多少くたびれた感じはありましたが、まだまだ現役で使っても問題ないレベルでした。

居住性については、往路で乗ったE257系の方が足元が広く快適でした。