ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


200系で運用される、特急りょうもう号です。

浅草と群馬太田方面を結ぶ特急ですが、日光・鬼怒川方面に行く特急スペーシアが観光色が極めて強いのに対して、こちらはビジネス特急の性格が強いのが特徴で、その分地味な印象があります。

使用される200系は、1991年に登場した専用車両で、車体は新製されたものですが、足回りなどは1700系や1720系などの解体発生品を流用しています。

この為か、営業最高速度は110Km/hといまどきの通勤型電車よりも遅く、停車駅が増えたこともあり、距離の割りには結構所用時間がかかっていますね。

デビューから既に20年以上が経過していますが、新型車両でも期待したいところです。


スポンサーサイト


後追いの写真ですが、東武250系です。

特急りょうもう用として運用される200系の増備車で、1998年に登場しました。

見た目は200系と同じですが、200系が1700系・1720系の車体更新車であるのに対して、250系は走行機器や台車を含めた完全新製車で、VVVFインバータ制御やボルスタレス台車など、当時の最新技術が採用されています。

その為、厳密には台車や足回りを見れば、それが200系が250系かの区別はつくのですが、実際に走っている車両では、車番をしっかりと見ることぐらいしか、確認方法はありませんね。

1編成しか作られず、200系と共通運用のため、追いかけるのが難しい車両です。





半蔵門線・田園都市線用として、2014年に導入された50050系です。

2005年から2009年の間に10両編成18本が導入されましたが、その後は特に大きな動きもなく、増備も行われていません。

現在の運用区間は、自社線内は押上-久喜・南栗橋間で、半蔵門線・田園都市線では全線乗り入れています。

同じく直通用として使用される30000系2本との運用上の区別はありませんが、30000系は通勤時間帯の最も混む時間帯の運用を避けて使用されているようです。



バリエーションの多い50000系シリーズですが、本線系統(伊勢崎・日光線)で見かけるのは、すべて50050系のみです。

50000系シリーズは、形式や導入時期によって細かな違いはあるものの、鉄道フアン以外の一般利用者からみればほとんど同じ車両で、TJライナー用の50090系を除けば、その違いは分からないかと思います。

東武50070系は東上線から東京メトロ有楽町線・副都心線に乗り入れ、50050系は半蔵門線に乗り入れています。

有楽町線・副都心線も半蔵門線も同じような電車が走っているので紛らわしいですね。

例えば永田町で地下鉄に乗るとき、有楽町線に乗ろうとしたときに、誤って半蔵門線のホームに行ってしまったときに、やってきた列車が50050系であれば、そのまま乗ってしまうかも知れません。

まあ、案内表示器などもあるのであまりないとは思いますが、50050系は半蔵門直通専用なので、ラインカラーの紫を側面などの入れるなどの配慮も欲しいですね。


東武線に乗り入れる、東急8500系です。

5000系による置き換えも2003年より開始されており、現在田園都市線用としては何両在籍しているかは把握していませんが、今だに東武線内でも頻繁に見かけることを考えると、思ったほど置き換えは進んでいない様子。

何せ、400両も作られた車両だから、そう簡単には、全部置き換えというわけにはいかないはず。

それでも、東横線直通絡みの車両増備・置き換えなどがひと段落したこともあり、最近8500系の置き換えが再開されたとの情報もあります。

界磁チョッパー制御の一昔前の車両ですが、大きな音を立てながら豪快に走り去る姿は、何故か好感が持てます。


東武線に乗り入れる、東急5000系です。

東急における標準車両とのことですが、E231系をベースにした車両で共通部品も多い。

以前は、5200系、7000系、8090系など、当時の最新技術を駆使した新型車両を登場させてけた名門東急が、JRに準じた車両を社内の標準車にするなんて…

とも思ったのですが、各鉄道会社の経営状況も厳しいので、これも仕方ないですね。

5000系は、3000系に対して7割のコストで作れるそうです。

5000系のデビューは2002年とすでに12年目になり、置き換えの対象となる8500系がまだ結構残っていることから、今後も5000系の増備は続きます。

製造時期が長期化していることから、細かい部分でバリエーションも多いです。



今回から、東武博物館ネタを掲載します。

最初はデハ1形デハ5です。

大正13年の伊勢崎線浅草-西新井間電化の際に作られた車両で、16m級の木造ダブルルーフ車体で、両運転台構造の電動車です。

東武初の電車だそうで、晩年はモハ1101として、鬼怒川線で電気機関車の代用で貨物を引っ張ったり、野田線の配給車や西新井工場の入換用などに使われていました。

1981年に除籍された後は、改番前のモハ5時代の姿に復元され、東武動物公園での保存・展示を経て、1989年の開館の際に東武博物館に移設されたそうです。

自分が生まれるかなり前からこんな車両が走っていたなんて、あらためて東武鉄道の歴史の深さを感じます。

この車両、鉄コレで発売して欲しいですね。


東武博物館に保存されている、B1形5号機です。

昔は、東武線にもこんなSLが走っていたんですね。

東海道本線の増強用として当時の官営鉄道が輸入した5500形と同型で、ベイヤー・ピーコック社製、1898年に輸入されました。

晩年は社内の貨物列車を牽引してきましたが、1965年に引退しました。

現在は、開業時の姿に復元されています。

全長約14mの、コンパクトなSLです。



東武博物館に保存されている、5700系のカットボディです。

正直、カットボディというのは、車両の保存方法としては中途半端であまり好きになれません。

できれば1両まるまる残ってて欲しかったですね。

東武5700系は、1951年に特急形として製造され、1700系登場後は急行・快速などで使われた名車です。

カットモデルとなった車両は、ナニワ工機で作られたモハ5703号で、廃車後、アルナ工機で保管された後、2003年10月以降東武博物館で保管されています。


東武博物館に静態保存されている、ED5015号機です。

ED5010形は、貨物列車の電化計画に基づいて1957年に登場した車両で、最終的に14両増備されました。

保存されるED5015号機は、導入後は坂戸に配属されて東上線で運用されていましたが、1985年に廃車となり、しばらく杉戸工場で留置された後、再塗装などの整備を受けて、博物館に搬入されました。

秩父鉄道や山岐鉄道もそうですが、個人的にこのようなコンパクトなデキは大好きです。

子供の頃、柏に住んでいたのですが、野田線で東武のデキが貨物を牽引していたのをよく見ました。

ED5010だったかはよく覚えていませんが…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。