ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伊豆箱根鉄道のED31型です。

構内で休んでいるところを、手続きを踏んで、許可を得て撮影させていただきました。

現在2両が在籍し、工場内の入れ換え作業や、夜間工事、定期検査のために甲種鉄道車両としてやってくる大雄山線用車両の牽引などに使用されています。

元西武鉄道の機関車で、1958年に伊豆箱根鉄道の前身である駿豆鉄道が西武鉄道から譲渡され、その後現在まで活躍を続けています。
スポンサーサイト


引き続き、伊豆箱根鉄道のED31形です。

1948年に東芝で製造され、西武鉄道に導入されたものですが、この凸型機は東芝の戦時標準設計形とも言えるもので、「東芝戦時型」「東芝標準型などとも呼ばれていました。

同系機としては、東武鉄道ED4010形、ED4020形や、富山地方鉄道デキ14730形、名鉄デキ600形、南海鉄道ED1150形、ED5151形、国鉄ED37形などがあります。


伊豆箱根鉄道大場駅付近に留置してあった、トム503です。

この路線は既に貨物輸送は行なっていませんので、保線用などで使用されているものと思われます。

妻面は鉄板なのですが、側面のアオリ戸は木製です。

無蓋車なんて、普通はほとんど見る機会がないので、思わず写真を撮ってしまいました。

なお、ちゃんとアオリ戸まで残してあるトムは、ここには2両しかないそうです。


駿豆線に乗り入れる、185系踊り子号です。

ここで国鉄/JR型の車両を見かけると、何故か不思議な感じがします。

国鉄(JR)の修善寺乗り入れは、古くは戦前から行われていますが、個人的に一番印象に残っているのは、やはり153系による急行「伊豆」あたりでしょうか。

現在、修善寺に乗り入れる特急踊り子号は全て185系が使われ、平日は2往復、土日は4往復が運転されています。


リバイバル塗装は大宮車両区への転属、グリーン車の一部廃車など、最近何かと話題の多い185系の動きですが、駿豆線に乗り入れる編成はあまり変化がなく、デビュー当時からずっと5両編成(15編成時の付属編成)が乗り入れています。

最近復活したリバイバル編成の中にも、5両編成の3本ストライプが存在するのですが、残念ながら今回遭遇することができませんでした。

駿豆線を走る通常の列車が3両編成なだけに、東京では短く感じる5両編成も、ここではかなりの長編成に感じられます。


今回からは、8月に上越線に遠征したときのネタをしばらく掲載します。

遠征の目的はD51で、そのとき撮ったD51の写真などはすでに親サイト「鉄道車両見聞録」に掲載澄みですので、そちらも合わせてご覧ください。

ところで、写真は高崎線の211系で、ちょうど高崎に到着するところを撮ったものです。

偶然にも、「高崎線130周年」のヘッドマークを掲げていました。

E233系に置き換えの進む211系、今後こうした写真も貴重になります。


「高崎線130周年」のヘッドマークをつけた211系C16編成。

到着したところを更にもう1枚撮ったのですが、運転席脇側面がラッピングによって湘南色になっていたのでびっくりしました。

中途半端なラッピングですね。

どうせなら、編成全部ラッピングして欲しかったですね。

この写真は8月に撮ったものですが、ラッピングは12月下旬まで行われるそうです。


上越線で活躍中の115系です。

D51を待っている合間に撮りました。

高崎地区の115系は2013年4月現在ではまだ77両が健在で、この地域のローカル輸送で運用されています。

長野地区の115系は既に211系への置き換えが始まり、新潟地区も新型車両への置き換えがプレス発表されています。

高崎地区の115系の動きも気になります。

湘南色、いいですね。


これも、上越線某駅で撮った115系です。

115系が高崎線で運用を始めたのは1963年で、当時は宇都宮機関区(現在の宇都宮運転所)所属の車両が使用されていました。

それ以降、この湘南色の115系は宇都宮地区とともに、高崎線を中心とした高崎地区の主力として活躍し、高崎線にE231系が導入された後も、高崎以北のローカル輸送用として引き続き使用されています。

高崎地区の115系についての具体的な置き換え時期については、情報を掴めていません。

E233系の高崎線投入で捻出された211系の余剰車がすぐに転用されるのかと思われていましたが、どうも長野地区の置き換えを優先しているみたいですね。

115系の置き換えの際は、おそらく同地区の107系の置き換えも合わせて行なうものと思いますが、211系ではなく、205系などで置き換えるかもしれませんね。


115系とともに高崎地区で活躍する107系です。

日光線て運用されていた0番台車は既に全廃となっていますが、こちらの車両は今のところ健在です。

高崎地区の107系は導入線区の事情により仕様が異なるため、100番台となっています。

運用は115系同様に、上越線(高崎~水上)、吾妻線、信越本線、両毛線で、1往復両毛線から宇都宮線にも乗り入れているようです。)

2両編成19本が配置されていますが、老朽化も進んでいる為、115系置き換えの際に一緒に淘汰されるものと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。