ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


流山駅で休む、5000系『流星』です。

5000系は、元西武鉄道の新101系の2両編成で、編成中2両とも制御電動車です。

2009年以降に導入が開始され現在までに4編成の計8両が導入されました。

従来の車両同様、編成毎に愛称が与えられ、車両の塗装もそれぞれ愛称に合わせて異なります。

写真の5002編成『流星』は2011年3月に営業運転を開始しました。

この『流星』の塗装色が、この鉄道の昔からのラインカラーだったと思いますが、今は編成毎に色が違うので、どれがラインカラーか分からないですね。


流山駅で5000系『流星』が休んでいる隣に、2000系『なのはな』がやってきました。

新旧の顔合わせです。

こんな光景ももう見れなくなってしまいました。


流鉄の終着駅、流山駅の駅舎です。

ローカル線私鉄によくありがちなちっちゃな駅舎です。

1988年に『東京近郊にありながらローカル色のある駅』として、関東の駅百選』に選定されたそうです。

つくばエクスプレス開業の影響による利用客数の激減がよく言われていますが、1日平均の利用客数を見てみると、つくばエクスプレス開業前が3千7~8百人程度であったのに対して、開業後は1千4~5百人程度と6割程度も減少しており、かなり厳しい状況になっているようです。

1面2線の島式ホームでこじんまりとしていますが、検車区や側線もあり、ミニ私鉄のNゲージレイアウトを考えている人なら参考になりそうな駅です。


流山駅構内全体を、平和台側の踏切から撮った写真です。

4~5年前にも同じ場所から写真を撮りましたが、そのときとは写っている車両が全く変わっていますね。

一番左側でホームで寝ているのが5002編成の『流星』、右側の側線に留置されているのが5004編成の『若葉』です。

流山駅は1面2線の島式ホームですが、朝夕の通勤時間帯以外は検車庫側1線しか使用されず、日中反対側のホームでは、写真のように運用に入っていない車両が寝ていることが多いです。


流山駅すぐそばの陸橋から駅構内を撮った写真です。

側線の手前に見えるのが5004編成『若葉』、その先にあるのが5001編成『流馬』です。

ところで、輸送合理化の始まる前(2005~2006年頃)の流鉄(総武流山電鉄)の保有車両は、3両編成が4本と2両編成が2本の計16両でしたが、今回の『なのはな』が引退した後は2両編成4本の計8両のみと、半分の車両数になってしまいました。

同鉄道の厳しい状況が良く分かります。


駅の構外から撮影した、検車庫内の様子です。

中に入っていたのは、5001編『流馬』です。

新型車両5000系(といっても元西武新101系ですか…)の中では一番最初に導入された編成で、2010年1月に営業を開始しました。

この車両の走行している写真も撮りたかったのですが、残念ながら台車を外して車検中でした。

撮影は、また次の機会に期待します。


流鉄5000系5003編成『あかぎ』です。

昨年3月から営業運転をはじめましたが、同鉄道では初となる電子ホーンが搭載されているそうです。

『あかぎ』という愛称の編成としてはこの編成が2代目となります。

初代『あかぎ』は1987年から2001年にかけて活躍した元西武551系の2両編成で、流鉄(当時は総武流山電鉄)では1300形を名乗り、2代目同様、車体はワインレットに白帯の塗装となっていました。


D5114とともに流山市総合運動公園で静態保存されているのが、キハ31です。

キハ31は、1933年から1934年にかけて内燃併用の許可を得て、流鉄(当時の社名は『流山鉄道』)が2両導入したうちの1両で、1949年に同鉄道が電化されるまでの主力として活躍しました。

汽車会社製の2軸ガソリンカーで、1963年に廃止になりました。

かつて、こんな小さな車両が走っていたんですね。


4月の下旬に東武の電車を撮りに栃木方面に行ってきましたのて、今回からそのとき撮った写真と記事が続きます。

写真は、栃木駅に停車中の100系スペーシアのサニーコーラルオレンジ塗装です。

サニーコーラルオレンジ塗装は、日光線・鬼怒川線優等列車のイメージカラーである「サニーコーラルオレンジ」をベースに、「フューチャーブルー」のラインをあしらった配色だそうです。

スペーシアの新しい塗装は、2011年~2012年にかけて実施されたリニューアル工事にあわせて実施されましたが、新しい塗装の塗り分けは基本的には旧塗装と同じようです。


新大平下駅を通過中の、東武100系スペーシアの「粋」塗装です。

「粋」塗装は、東京スカイツリーのライティングデザインで、隅田川の水をモチーフにした淡いブルーをベースに「フューチャーブルー」のラインをあしらったものだそうです。

スペーシア用の100系は、現在9編成ありますが、リニューアル工事では、「雅」「粋」「サニーコーラルオレンジ」と3種類の塗装を定めて、それぞれ3編成づつこれらの塗装に変更しています。

東武の「スカイツリー」に対する意気込みは分かりますが、個人的には、この「粋」と「雅」塗装はスペーシアにはあまり似合わないと思います。

(特急列車用としては、少し配色が軽すぎるかな…)

実際にどの色がやってくるかはそのときのお楽しみです。