ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


いすみ鉄道では運用上タブレットなどは使われていないのですが、国吉駅ではフアンサービスとしてキハ52が停車したときはタブレットを疑似的に駅長から運転手に手渡しています。

当然我々マニアはカメラを構えてこの手渡しの瞬間を待つのですが、駅長さんもちゃんとポーズを決めてくれます。

駅長さん、どうもありがとうございます。


国吉駅に到着する下り急行列車です。

社長のブログによると、いすみ鉄道では3月16日にダイヤ改正を行い、休日の観光急行列車を増発するとともに、多客時にはキハ28を増結し2両編成として運用することになるそうです。

キハ52を導入した当初は、こんなものを走らせても一部のマニアが来るだけで・・・なんていう冷やかな声も聞きましたが、これ以外のいろいろな宣伝効果もあって、いすみ鉄道の注目度は増し、休日を中心に利用客が増え、全体としても毎年対10%以上の普通旅客増となっているとか。

確かにここ何年かでいすみ鉄道の知名度は非常に上がり、雑誌などでもたびたびその名前を見かけるようになりました。

今後ももっと盛り上がって、いすみ鉄道廃止などという声がいつの間にかなくなるようになるといいですね。





大多喜駅の車庫から顔を出す、いすみ鉄道のキハ28です。

いよいよ3月から営業運転に入るようで、非常に楽しみです。

片運転台なので、多客時のキハ52の増結用となる予定で、実車に乗る・撮るためには事前に運転日を確認する必要がありそうです。

なお、運転席は上総中野の方を向いているので、キハ28が先頭になるのは下り列車ということになり、撮影するには午後の方がいいのかな?





久留里線で親しんだキハ30が12月に引退し、「ついに引退してしまったか・・・」と惜しんでいたところ、いきなりそのうち1両が国吉駅に搬入されて・・・

このニュースを聞いたときはびっくりしました。

社長が3両目の国鉄DC導入を検討していること情報は知っていましたが、久留里線のキハ30はデビュー当時のものからエンジンが改装されており、キハ52導入時も社長がエンジンに拘っていたことから、おそらくこいつがいすみに来ることはないだろうと思っていました。

これを復帰させるにはそれなりに資金も必要なはずで、すぐに営業運転に入ることはありませんが、キハ52・キハ28とともに、ここで元気に走り、休日のいすみを盛り上げてくれる日を楽しみにしています。





先日東武の電車を撮ってきたので、今日からしばらくはそのときの写真を掲載します。

写真は、亀戸線で活躍する2両編成の8000系です。

亀戸線の8000系はすべてワンマン対応で、通常は2編成、ラッシュ時は3編成で運用されています。

ここでは、短い編成で下町をコトコト走る8000系の姿を見ることができます。



春日部駅で撮った、野田線の8000系です。

野田線の8000系はすべてが6両編成で、一部4両+2両を連結した編成もありますが、その中には運転台が撤去されたものもあります。

最新の具体的な配置数が分からないのですが、野田線(七光台支所に配置されている)8000系は約260両ぐらいだと思います。

野田線には2013年度に新型車両60000系の投入が予定されていて、それとは別に10000系の転入の噂(本当にあるか分かりません?)もありますが、これだけ多くの両数が配置されているのですから、野田線が8000系がいなくなるのはかなり先の話のようです。


一の割駅で撮った、東武鉄道50050系です。

噂によると、50050系は東急からのクレーム(乗り入れ用に導入した30000系は6両+4両のため混雑が酷くなる・・・)のために、急遽東上線用50000系の増備を中断し、その生産ラインを利用して、もともと導入予定のなかった伊勢崎線に50050系を大量投入したとか・・・・

50000系の第2編成落成から第3編成落成までの期間が非常に長くなったのはそのため?

本当のことかどうか分かりませんが。



前回に続き、東武50050系です。

すべてが10両編成で、南栗橋車両管区に180両が配置(2009年度末現在)、基本的に東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線直通用として使用されています。

10両編成なので、入線可能が最大8両編成の浅草駅には、物理的にそのまま入線できません。



東武10030系です。

10000系のマイナーチェンジ車とのことですが、本線(伊勢崎線)と東上線で使用されているものを合わせて364両が製造され、100000系(118両)を上回っています。

本線系統用としては、2R車(2両編成)・4R車(4両編成)・6R車(6両編成)が存在し、浅草-太田間及び東武動物公園-新栃木間で運用されています。

10000系とくらべると、側面がコルゲート車体からビートプレス車体になり、ステンレスの光沢を抑えたダルフィッシュ仕上げとなったことから、10030系の車体がよりしっかりした作りで10000系が古臭い車両に見えてしまうのですが、10300系は前面が8000系更新車と同じデザインになるなど、個性がいまひとつないので、私は個人的には10000系の方が好きですね。





10030系の2R車です。

30000系の後ろ(日光側)に増結され、上り区間快速で運用されていました。

2R車はかつて亀戸線や大師線でも使用されていたこともありましたが、同線での運用がワンマン化の関係で8000系に統一されたこともあり、現在は4R車の増結用としての運用がメインになっていて、2Rだけの単独運用は殆ど見られないようです。