ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。



郡山駅構内で見かけた水郡線用のキハE130系です。

青緑色は片運転台の車両で、久慈川と新芽をイメージした配色だとか・・・

この列車は数年前の水戸側で乗ったことがありますが、E231系同様のペッタンコイスだったので、座っててすぐにお尻が痛くなったのを覚えています。

この車両で水戸-郡山間を走破するのは結構大変かも知れませんね。

でも、まだ水戸-郡山間の走破はやったことがないので、一度試してみたいです。



正月を会津の実家で過ごし、1月2日には早々と千葉に戻りましたが、帰りの列車は快速あいづライナーに乗りました。

快速あいづライナーは、昨年2月から運用を開始したあかべえ編成(元東武乗り入れ/日光号用)が使われているはずなのですが、この日は何故か旧国鉄色編成が使われていました。

理由を駅員に聞いたところ、あかべえ編成は今度NHK大河ドラマ「八重の桜」PRのためのラッピングを施すために現在工場に入っているとのことでした。



郡山駅で少し時間を作り、新幹線ホームに行きました。

写真はE5系のはやぶさですが、列車のスピードに写真を取る腕の悪さとカメラの動きが追いつかず、尻切れの写真になってしまいました。

さすがに、時速300km/hの世界がすごいですね。

列車はあっという間に郡山駅構内を通過していきました。

来年3月からは、いよいよ320km/h運転だそうですが、考えてみればスカイライナーの2倍のスピードです。



駅構内を通過中E5系です。

E3系と併結していますが、この組み合わせが見られるの今のうちです。

E3系こまちとの併結運用では最高速度は275km/hとなっていますが、こまちが新型E6系に置き換えられると、320km/h運転が可能となるそうで、東北新幹線では、ミニ新幹線「つばさ」を除くすべての車両が2015年までにE5系・E6系に置き換えられる計画です。



下り方面からやってきたE2系をなんとか撮影。

ちょっと被写体が小さくなってしまいましたが・・・

いまだに東北新幹線といえばこの車両を連想するのですが、今後はE5系の投入に伴い順次東北新幹線大宮以北を撤退するようです。(2013年3月のダイヤ改正では、早くも盛岡以北の運用がなくなる予定。)

一方、上越新幹線では今後E2系の運用が開始され、200系などを置き換えていくことになります。


今走っている現役の新幹線車両の中ではこのE2系が一番お気に入りです。



郡山駅ではE3系こまちも狙ったのですが、イマイチ満足する写真が撮れませんでした。

2014年3月までにすべてE6系に置き換えることになっていますが、今だに満足できる写真が撮れていません。

やはり、田沢湖線での単独走行の方が良い写真が撮れるのかな?

秋田にでも遠征に行こうかな?

(資金がありません・・・)


初代AE車の走行機器などと新製された鋼製車体を組み合わせて通勤形車両として登場したのが、この3400形です。

数少ない一般塗装車ですが、特急などにも使用され、本線系の他押上線や都営・京急・北総線などにも乗り入れているため、結構頻繁に見かけます。

最近は特に大きな動きはありません。



千住大橋で撮った上り特急で運用中の3400形です。

他の形式も同様ですが、種別表示機は2010年以降カラーに白抜き文字のタイプに変更されていて、特急は赤色となっています。



先月、九州の友人(勿論、鉄っちゃん)が仕事の出張で東京に来たので、滞在中の休みを利用して他の鉄仲間と一緒に1日乗り鉄をしました。

友人の希望で、今回は小湊~いすみ鉄道を乗り継ぎましたが、これからしばらくはそのとき撮った写真を掲載します。

千葉のJR・小湊・いすみは地元ということもあって当サイトでは頻繁に登場しますが・・・

写真は千葉駅に停車中の209系です。

113系を置き換えて久しいのですが、いよいよ総武本線系に残る211系の撤退もカウントダウンに入り、今後は千葉のローカル列車はこの209系ばかりになってしまいますね。

ストレートボディの4ドア、ボックスシート付き車両は、とてもユニークです。





友人や鉄仲間とは千葉で待ち合わせ・・・

待つ間、千葉駅でプチ鉄活動をしていました。

写真は千葉駅に到着するE217系です。

更新工事もほぼ完了したE217系ですが、それ以降は特に大きな動きありませんね。