ときわ鉄道情報局

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。


運転体験の後、撮影会も実施されましたが、その際に撮った全体の写真。

一番左に止まっているのは、廃車後も保管されているキハ5800です。

普段は車庫の中なのですが、今回のイベントのために外に出してくれました。

この車両の写真も何枚か撮りましたので、近いうちにホームページで公開する予定です。





キハ200の中で、1両だけこんな無残な状態のものがありました。

WEBで確認したところ保留車とありましたが、殆ど廃車状態です。

同鉄道では、特に上総牛久―上総中野間で一時期よりも運転本数が減っているので、その影響で余剰車でも出たのでしょうか?



キハ5800は普段はこんな状態で車庫に入っていて、写真を撮ろうにもなかなか許可を得る機会が少ないです。

今回のイベントでは、このキハ5800の写真を撮ることができて良かったです。

しかしながら、この車両、車体はボロボロだしエンジンは抜かれています。

廃車車両なので仕方ありませんが、フアンとしては少し残念です。




五井駅の脇にあった貨車の残骸を許可を得て撮影。

こちらも、先日公開した古い車庫同様、地方ローカル私鉄に行くとしばしば見かける光景です。

かつて、小湊鉄道が貨物輸送を行っていた証でしょうか。



毎度おなじみ、E217系です。

最後まで未更新となっていた編成も(Y-21)も今年6月に東京総合車両センターに入ったとのことで、現在ではすべてが更新車となってるようです。



撮影したのは6月の某平日ですが、たまたま仕事の休日出勤の振り替えで休みが取れたので、朝一で大宮駅に行き新幹線ホームで上り列車を撮りました。

ここで撮ったE5系などの写真は別途ホームページの方に載せましたが、それ以外の写真を数回に分けて今日から掲載します。

写真は、下りホームから出発するE3系こまち。

この車両も、2013年以降E6系に置き換えられる予定で、撮るなら今のうちですね。


大宮駅に停車するE3系のこまちです。

1997年のデビューですが、早いものでもう15年が経過しています。

なお、後継となるE6系は2013年3月から投入が開始され、翌2014年3月までにこまち用基本番台すべてがE6系に置き換えられる予定。

その際にこまちの東北新幹線での最高速度が320km/hに引き上げられるそうです。




つばさ用のE3系です。

目の形から、1000番台かと思われますが、これは1999年の山形新幹線新庄開業時に登場したグループで、7両編成3本が存在します。

秋田新幹線用の車両がすべてE6系に置き換わると、E3系はこのつばさ用のみになります。




E1系ともに2階建て新幹線として活躍するE4系です。

現在の状況では2階建て車両は使いづらいようで、本年9月に引退するE2系に続き、E4系も2016年度までには全廃となるようです。

とりあえず、E5系投入でねん出されたE2系によって「つばさ」の併連相手がすべてE2系に統一されるのに伴い、E4系はすべて上越新幹線用に転用される見通しで、東北新幹線大宮以北での運用はなくなるそうです。


前回も記述しましたが、本年9月29日のダイヤ改正でE4系と「つばさ」との併結運用がなくなります。

撮影はお早目に・・・